ミニミニガーデン

rei610917.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

すずらん~開花宣言♪

今朝の様子です(^O^)/ 一株だけ開花しました。帰宅して見てません、明朝が楽しみです
b0219900_21422449.jpg

[PR]
by rei610917 | 2011-04-30 21:45 |

ヤマアジサイ「紅」

花がつき始めました(^^♪ この時が、わくわく~♪ 
そして今年も合えて良かったって嬉しくなります
b0219900_22583280.jpg

ユキノシタ科 アジサイ属 (アジサイ科)
剪定と花がら摘み:5月中~下旬には、枝先に蕾が見えるので、蕾のない枝は、元から切りとります。
            花を鑑賞するのにもむだな枝がなくすっきりします。切り取った枝は挿し木に使う
            ことができます。本格的な剪定は花の後に行います。
            アジサイは10~11月に花芽をつくるので、花後の剪定を早目にします。
            花が付いているところから下の2節~3節目をカットします。
            そして花後はお礼肥として油かすを1~2回ほどします。

               (7月いっぱいに剪定を済ませないと、花つきが悪くなります
                そして10月以降の剪定は花芽を切ってしまうことになるので
                そのままにしておきます)

    鉢植えの場合は夏期は高温と乾燥による葉焼けに注意し、明るい日陰に置きます。
    梅雨明け~9月の日差しの強い季節は木漏れ日になるところ、あるいは午前中だけ
    日が当るところが理想です。乾燥しているとき、日差しが強いと葉焼けをおこしてしまいます。
    冬は寒風で枝先が枯れこむ場合があるので、鉢植えは寒風が当らない場所へ移動します。
    水やりを忘れないように、鉢土の表面が乾いてから与えます。


アジサイの植え替え:最適期・・・落葉後すぐか3月下旬、もしくは花後に。
         鉢植えは2年に1回ぐらいを目安に同じ鉢か一回り大きい鉢に植え替えをします。
              用土・・・赤玉土4:庭土3:腐葉土3(赤玉土7:腐葉土3でも)

         花言葉:「移り気」「高慢」「辛抱強い愛情」「元気な女性」

    (+_+)ネットで調べていると、いかに何もしなかったかが良く分かる・・・・
         花たちに感謝です。申し訳ない気持ちでいっぱいです・・
         そして間違っていたら教えてください、お願いします<(_ _)>
[PR]
by rei610917 | 2011-04-30 00:10 |

すずらん~♪♪その後

今朝の様子です(^^♪ ちょっぴり微笑みはじめました(嬉)
b0219900_9595021.jpg

[PR]
by rei610917 | 2011-04-28 10:00 |

すみのほうでも存在感あり~♪

久留米躑躅
b0219900_23451878.jpg

b0219900_2351161.jpg

    ツツジ科ツツジ属
    ①鉢植えの場合、花が終ったら、なるべく早く花がらを摘み取り、樹勢が弱るのを防ぎましょう。
    ②刈り込みは花が終わり次第なるべく早く行いましょう。種類によっては7月に来年の花芽ができるの
      で、遅れると翌春の花が咲かないことになります。

          花言葉:「自制心」 「節制」
               (赤)「恋の喜び」
               (白)「初恋」
               (ヤマツツジ)「燃える思い」

シャガ
b0219900_23501485.jpg

   アヤメ科アヤメ属の多年草 
   実を作らず地下茎で増えるなど、アヤメ科としては特異な生態をもつ。
   狭い我が家の庭には自由に咲く場所がないので、鉢で管理しないと思っています
       
        花言葉:「反抗」 「抵抗」 「決心」 「私を認めて」 「友人が多い」
[PR]
by rei610917 | 2011-04-26 15:59 |

満開の春~♪

駐車場側の花たち
キンギョソウやパンジーが満開です
b0219900_20564961.jpg


シラー・カンパニュラータ
b0219900_12383546.jpg


もう名を忘れてしまいました・・・だれか教えてください・・・
b0219900_2057929.jpg

[PR]
by rei610917 | 2011-04-25 12:39 |

ナルコユリ(斑入りアマドコロ)

今年は広がって困りました、クリスマスローズのところまで近づいてきて・・・
根を張ることを忘れていました。葉のこの白い模様が好き、
b0219900_20184637.jpg

二つ並んで咲いてる姿が好き!
b0219900_20325298.jpg
b0219900_20331521.jpg
b0219900_20332395.jpg

オオバギボウシの奥と手前にも広がっています。狭い庭には不向き・・・^^;でも好き!
b0219900_20333375.jpg

オオバギボウシもこれから咲き出すでしょう~♪
2~3年前から株分けを考えているんですが、チャンスを逃がしてばかり
  ナルコユリの花言葉:「元気を出して」 「懐かしい音」 「 あなたは為れない」
[PR]
by rei610917 | 2011-04-23 09:24 |

エビネラン開花(4/22)

毎日気になってつい庭に出てしまいます。主人も仕事に行く前、そして帰ってきて
一日最低2回は見ています(笑)
 花が開きだしたので、嬉しくて(笑)前に枯れしてしまった前歴があるので・・・花を見るまで
ドキドキでした。まあまあ鉢のすみでも、真ん中にきてなくても「良し!」としてもらいましょう(*^^)v
b0219900_19573476.jpg
b0219900_19575919.jpg
b0219900_19581336.jpg

[PR]
by rei610917 | 2011-04-22 20:15 |

キューリ

緑のカーテンに、今年もキューリを植えました
まだまだ植えるつもりです・・・が、プランターの準備をまだしてません(>_<)
b0219900_10322217.jpg

でもでも(*^^)v キューリグサ(ムラサキ科キュウリグサ属)はあちこちに(笑)
可愛いからもうしばらく眺めていましょう(笑)
b0219900_10324153.jpg

   
 
ネット「で調べていると、なるほどそうかそうかと思うことだらけです
 「きゅうりの苗は、接木の苗が売っていたら、そちらを選ぶようにしましょう。
  接木苗は、病気に強い根っこと、丈夫でよく育つ茎とで出来ているので、
  接木苗の方が、ベランダで気軽に育てていけます。葉の色、形の良いもの、
  節と節の間が詰まっているもの、茎が太くしっかりしているものを選びましょう。」
 「きゅーりは水分が大事な野菜で、実がなり始めた頃に水分が不足すると実が曲がります」 
 「きゅうりは生長が早いので、どんどんとつるを伸ばしていこうとします。神経質に整枝しなくても
  大丈夫ですが、風通しや日当たりが損なわれるような場合や、長く伸びすぎたつるは
  先端の方から切り落としてしまいましょう」

[PR]
by rei610917 | 2011-04-22 10:55 | 家庭菜園

すずらん~♪

今年も咲きだしてくれました。ほんとに「ほっ」としました
この側にナルコユリがジワジワと寄ってきてるんです、なかなかスズランの姿が見えないので
ダメにした・・・・主人に申し訳ないなぁ・・・と思っていたから。この蕾を見るまではらはらしてたんです^^;
b0219900_10402896.jpg
b0219900_10404149.jpg
b0219900_10405680.jpg

・・・だから今年のスズランは倍の喜び(笑)ころころとした愛らしい花にあうのが待ち遠しいな


    花言葉:『純潔』 『純愛』 『幸福の訪れ』 『 幸福の再来』
[PR]
by rei610917 | 2011-04-21 10:51 |

エビネランの株分け成功!?

エビネランを去年株分けしました。三鉢は蕾が膨らみ始めています
b0219900_1665582.jpg
b0219900_167665.jpg

でも二鉢はまだこんな風です。零れ種が飛んできたようです、筑紫菫に戦勝されています^^;
葉の先が枯れ黒くなっていたので昨日切ってしまいました・・切るのが早かったかな・・・
b0219900_1673011.jpg



エビネラン
ラン科エビネ属の植物。地上性のランである
エビネの育て方のポイント
・エビネは通気と水はけのよい土が適しています。地植えの場合は、植えつける場所に腐葉土をすき込んで
 おきましょう。
・直射日光の当たらない半日陰で育て、冬は霜や凍結に注意します。
・水やりは春と秋には、乾いたらたっぷり与えます。夏は朝と夕に水を与え、冬の水やりは控えめにして
 乾かし過ぎない程度に与えます。
・肥料は春の花後と秋(9~10月)に油かすと骨粉を等量混ぜた親指大の団子を2~3個置肥します。夏と
 冬は肥料は必要ありません
エビネは冬になると葉が地面に張りつくように垂れ下がりますが、翌春に新しい葉が出るまで切らずに残しておきます。冬から春にかけては日が当たる環境を、夏は日陰の環境を好むので、落葉樹の下などの場所が最適でしょう

[PR]
by rei610917 | 2011-04-20 21:26 |